2013年04月13日

『孤独な天使たち』試写会

監督:ベルナルド・ベルトルッチ
原作・脚本:ニッコロ・アンマニーティ
脚本:ウンベルト・コンタレッロ、フランチェスカ・マルチャーノ
出演:ヤコポ・オルモ・アンティノーリ、テア・ファルコ、ほか
原題:IO E TE
2012年イタリア

ベルトルッチ監督の10年振りの新作、50周年記念だそうだ。これは是非とも観たいと思い、試写会に行って来た。思い出すとあまりの懐かしさ愛おしさに泣きたくなってしまう若き日々というものが、誰にでもある。この作品は、そんな宝物のような思春期の一瞬を見事に切り取った作品だ。たまたま最近、高齢者がテーマのほんわかムードの映画を観ることが続いていたので、スクリーンに漂う空気の張りつめ方が心地よかった。映像も深みがあり、音楽も素晴らしく、あー、こういうの好きだなあとしみじみと心に沁みる作品だった。

14歳のロレンツォ(ヤコボ・オルモ・アンティノーリ)は、同年代の子たちの無邪気さに溶け込めず、学校ではやや問題児とみなされている。音楽を聴いたり、本を読んだり、干渉されない自分だけの世界にこもっていたいのだ。学校でスキー合宿が催されるのを利用して、彼は秘密の計画を行動に移す。母親にはスキー合宿に行くと嘘をつき、住んでいるアパートメントの地下室で7日間、誰にも邪魔されずに過ごそうというのだ。綿密に準備をし、地下室暮らしを始めたが、2日目に早くも静寂が破られ、異母姉のオリヴィア(テア・ファルコ)が転がり込んでくる。彼女は、大人の世界へ一歩足を踏み入れた年齢であり、その奔放さが招いたトラブルに苦しんでいた。ロレンツォにとっては、彼女は大いに迷惑な闖入者であるが、根の優しい彼は彼女を突き放すこともできない。7日間ともに暮らすことによって、二人の心にどのような変化が生まれるのだろうか。

たびたび外国映画の邦題について勝手な文句を言っているが、今回もちょっと首をかしげたくなるものだった。イタリア語の原題は"IO E TE"(イオ・エ・テ)、「僕と君」という意味だ。「イオ」も「テ」も性別がないので、「私とあなた」とも取れる。だから原題は、ロレンツォから見た「自分とオリヴィア」、オリヴィアから見た「自分とロレンツォ」という二重の意味になるはずだ。私が映画を観た限りでは、この二人を「孤独」と形容するのは違うと思う。「私は他者ではありえず、私自身でしかない」という意味においてなら、人間誰しも孤独だが、少なくとも外界から受け入れられず、愛されてもいないという意味の孤独ではない。「天使」というのも、デヴィッド・ボウイによる挿入歌の歌詞からとったのだろうが、日本人に誤った先入観を与える言葉だと思う。もうちょっと叙情的でない邦題がつけられなかったものか。

二人がそれぞれ抱えているものに差こそあれ、地下室という舞台に象徴されるように、暗い場所から出る道筋を模索していることは共通している。そういう意味では似たもの同士であり、本能的に互いの辛さがわかるのだ。個と個だった二人が融合するシーン(性的な意味ではない)の素晴らしさにため息が出た。そのシーンにかぶさるデヴィッド・ボウイの歌「ロンリー・ボーイ、ロンリー・ガール」(イタリア語歌詞)が甘美だ。

ストーリーのほとんどが、地下室で展開してゆくが、光の表情がいくつもあり、映像の質感も見事だ。主演二人はとてもよかったし、特にテア・ファルコの迫真の演技には感嘆するよりほかない。ロレンツォがオリヴィアに対して抱く性的興味一歩手前の思慕のような感情が繊細に描かれていたし、二人の繋がりをそれとなく示唆する祖母の存在も印象深い。

(2013.4.12 なかのZERO大ホールにて)

映画公式サイト
posted by すいっち at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/355111116
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。