2013年10月25日

『スティーブ・ジョブズ』試写会

監督:ジョシュア・マイケル・スターン
脚本:マット・ホワイトリー、ロバート・コマツ
出演:アシュトン・カッチャー、ダーモット・マローニー、ジョシュ・ギャッド、ルーカス・ハース、J・K・シモンズ、マシュー・モディーン、ほか
原題:JOBS
2013年アメリカ

昔からのMacユーザーであり、Apple社が創り出す製品に今なお魅了され続けている私としては、どうしても見ておきたい映画だったので、一生懸命試写会に応募し、公開前に観ることが叶った。ひとつの企業のCEOが一般人の注目をこれほど集めるというのは、ジョブズ以前にはそうそうなかったことだ。良いことも悪いことも、ジョブズについてはあれこれ報道されたし、伝記を読むまでもなく(もちろん読んだが)、彼のことはよく耳にしていた。この映画は自分の知っているジョブズの生涯と、Appleの製品の歴史を、まるでドキュメンタリーのようなリアルさで再現してくれたし、さらにビビッドな色合いを付加してくれるものだった。Macフリークとしては、本当に懐かしく、楽しく、愛おしい作品だった。

冒頭は、2001年の初代iPod発表会のシーンで始まる。ジョブズのトレードマークとなった黒のタートルネックにジーンズ、スニーカー、そして前屈みに歩く姿。あまりにも見事なアシュトン・カッチャーのジョブズだ。これだけで、すでに溜息ものである。その後、時代はジョブズが親友のウォズ(ジョシュ・ギャッド)とともにガレージでコンピューターを作り始める頃にさかのぼる。若い頃からのジョブズの“人たらし”資質や、金の扱いの小ずるさ、未来を見据えた物づくりへの執念を示すエピソードが次々と出てくる。Apple社を作ってからは、猛烈な仕事への熱、必要ないと思った人員への苛烈な無能呼ばわりと冷徹な切り捨て、妊娠したガールフレンドに対する態度など、ジョブズの人格破綻寸前の我が儘な性格も飾らずに語られる。

Apple製品のファンでなければ楽しめない映画かと言えば、まったくそんなことはない。80年代の世相がよくわかるし、駆け出しのジョブズに出資してくれた人たちを見ていると、アメリカという国は、少なくとも当時はこういう風にベンチャーに手をさしのべる懐の深さがあった国なのだなと感激もする。

ガレージ時代からAppleのCEOに返り咲くまで、常に周囲の人々との軋轢を繰り返してきたジョブズ。その人間模様は実話と思えないほど波瀾万丈で、もっとも面白い部分でもある。ジョブズと彼を取り巻く群像の話として観ても十分楽しめる。Macファンとして多少残念なのは、ジョブズが心底こだわった製品のデザイン面の話をもうちょっと盛り込んで欲しかったなと思うことである。

アシュトン・カッチャーを始めとして、キャストはみな素晴らしい。とりわけ、ジョシュ・ギャッドは心優しい控えめなエンジニアであるウォズを的確に演じている。ほんのちょっとの登場だが、ジョブズの養父を演じたジョン・ゲッツがよかったし、彼のシーンはもっとも印象に残るシーンでもあった。

ボブ・ディランを始めとして、ジョブズが好きだったと言われるアーティストの音楽が満載で、音楽面も大満足だった。

(2013.10.23 東商ホールにて)

映画公式サイト
posted by すいっち at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/378541410
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。