2013年11月23日

『ウォールフラワー』

原作・監督・脚本:スティーブン・チョボスキー
原作:「ウォールフラワー」(集英社文庫刊)
出演:ローガン・ラーマン、エマ・ワトソン、エズラ・ミラー、メイ・ホイットマン、ジョニー・シモンズ、ポール・ラッド、ほか
原題:The Perks of Being a Wallflower
2012年アメリカ

エマ・ワトソンが映画に出演すると知って楽しみにしていたところ、公開前から絶賛の声が相次ぎ、ますます期待が高まり、公開初日の今日観に行ってきた。「青春映画」以外の何物でもないのだが、青春まっただ中にいる若者たちのあまりのいじらしさに、胸が痛くなるような感慨を覚えた。

16歳のチャーリー(ローガン・ラーマン)は高校生活を始めたばかりだが、口べたで引っ込み思案なため、友だちは一人もおらず、小説家になりたいという夢はあるが、ひたすら目立たないようにして3年間をやり過ごそうとしていた。そんな彼に特別な出会いがやってきた。陽気な自由人パトリック(エズラ・ミラー)と、飛び切り可愛く奔放な彼の妹サムだ。彼らのお陰でチャーリーは初めて友情というものを経験し、サムには恋心を抱くが、心を打ち明けることもせず、ただサムの幸せを願うばかり。実はチャーリーには彼らにも秘密にしている昔の事件があった。それがチャーリーに執拗な影を落とし、彼ら3人にも変化が訪れる。

女性であるがゆえに、登場人物の中でサムの心情が本当によくわかる気がした。奔放に見えるが、彼女自身が自分でもはっきりと見定められない何か重いものから、どれだけ解放されたかったか、はじけるようなはしゃぎっぷりの中に、その切ない思いが見て取れる。男性が観れば、やはりチャーリーやパトリックの中に、自分との共通点が見えるのかも知れない。

エマ・ワトソンは期待通りで、本当に魅力的。ダンスシーンと、トンネルのシーンが記憶に残る。「奔放」と性格づけられているサムにしては、ちょっと上品すぎるかも知れないとは思ったが、高校生の瑞々しさは十分出ていた。エズラ・ミラーは非常に個性的なパトリックという人物を見事に演じ、一番印象づけられた。

映画を特徴づけているのは音楽だ。80〜90年代の音楽がごく自然に背景に溶け込み、彼らの心の動きを代弁しているかのようだ。私が当時聞いていた音楽とはジャンルが異なるので、あまりよく知らない曲が多かったが、本当に時代をよくあらわした曲ばかりだと感じた。自分のお気に入りの曲を集めてカセットテープに入れ、好きな人にプレゼントするというのは、当時の若者ならたいていの人が経験したことだろう。

勉強で落ちこぼれるでもなく、非行に走るでもなく、突飛すぎる行為をするでもなく、いわば普通の高校生たちの生活を描いているからこそ、嘘くささのない作品が出来上がったように思える。素晴らしい映画だったし、あのような日々がもはやあまりに遠く過ぎ去ってしまったことをあらためて思い知らされて、悲しくもなる映画だった。

(2013.11.22 ヒューマントラストシネマ渋谷にて)

映画公式サイト
以下ネタバレあり




チャーリーがサムの試験勉強を手伝うシーンがあるが、サムのほうが上級生なのに、チャーリーが手伝うというのはどういうことなのか、ちょっと不思議だった。あそこのシーンをもっと見たかった気もする。
posted by すいっち at 00:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/380913697
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。