2013年12月31日

2013年独断と偏見による日本映画・外国映画ベスト3

2013年に映画館および試写会場で観た映画は合計ちょうど60本。日本映画29本、外国映画31本と、私としては極めて珍しく、外国映画のほうが鑑賞数が勝った。そのために、外国映画はベスト3を決めるのにたいへん難儀した。ベスト3候補に入れてもよい映画をピックアップしていたら、8本もあったのである。しかもそれらのどれを1位にしてもおかしくないと思えた作品ばかり。一方、私の印象では日本映画で気に入った作品が少なかった。鑑賞本数が外国映画より少ないのも、これは観たいと思わせるものがそもそも少なかったためだという気がする。

【日本映画】
第1位『舟を編む』(感想はこちら→1, 2, 3
原作より恋愛にシフトした脚本には物足りなさもあったが、興味深い世界を描いてくれたことで満足できた作品である。ポイントはテーマだった。
第2位『凶悪』(感想はこちら
各映画賞で、出演俳優が軒並み授賞したのでもわかる通り、俳優の演技が素晴らしかった作品である。
第3位『地獄でなぜ悪い』(感想はこちら
こんなにハチャメチャな内容の映画をちゃんと作品に仕上げた監督の力量が強く感じられた作品だった。

【外国映画】
第1位『孤独な天使たち』(感想はこちら
2013年のかなり早い時期に観たにもかかわらず、最も深い印象を残してくれた作品である。今年は青春ものに良作が多かったが、これもそのひとつ。
第2位『ベルリンファイル』(感想はこちら
韓国映画では『悪いやつら』が高評価を受けているが、私はこちらのほうがより好きだ。とにかく面白かったの一言。
第3位『ウォールフラワー』(感想はこちら
良い映画だったなと素直に言える作品。普遍的な青春が描かれていて、鑑賞後の後味がもっとも良かった映画かも知れない。
posted by すいっち at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画の話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。