2014年01月26日

『新しき世界』試写会

監督・脚本:パク・フンジョン
出演:イ・ジョンジェ、チェ・ミンシク、ファン・ジョンミン、パク・ソンウン、ソン・ジヒョ、ほか
原題:신세계(新世界)
2013年韓国

韓国映画のノワール系は、ほとんどハズレがないので、今作も公開を楽しみにしていたが、試写会が当たり、一足先に観ることができた。2013年に韓国で大ヒットし、各映画賞にも輝いた作品だけのことはあった。『インファナル・アフェア』+『ゴッド・ファーザー』であるとか、豪華演技派スター3人の初共演であるとか、宣伝文句はいろいろあるが、そのどれもが誇張ではない。潜入捜査というテーマの性格上、『インファナル・アフェア』とストーリーは部分的には似ているが、出来上がったものはかなり雰囲気が違うといって良いだろう。ストーリーは比較的単純だと思うが、その背景を形作っているものの奥行きが非常に深いという印象だ。とにかく文句なく面白かったし、3人の演技を堪能することができた。

ジャソン(イ・ジョンジェ)は中国系韓国人の警察官だが、韓国の犯罪組織に潜入してすでに8年になる。華僑という同じルーツを持つ組織のNo.2チョン・チョン(ファン・ジョンミン)に可愛がられ、ジャソンは彼の片腕と言える存在になっているが、いつ自分の身分がばれるか解らない恐怖感が一時たりとも頭を離れず、早く元の警察官に戻りたいと切望していた。だが、警察でのジャソンの上司であるカン課長(チェ・ミンシク)は、犯罪組織のNo.1が急死たための後継争いを機に、組織を壊滅させようと、ジャソンに潜入捜査を継続させ、「新世界」と名付けられた作戦を開始する。自分を見出してくれた父のような存在であるカン課長と、同じルーツを持つ兄のような存在のチョン・チョンとの間に立たされるジャソンの苦悩は計り知れない。新世界作戦はどのような展開を見せるのか。ジャソンを待つ運命とは。

まず3人の男のキャラクター作りがとても丁寧で、それを主演3人が溜息が出るほど的確に演じている。彼らが感じる不安・苛立ち・恐怖・怒り、すべての感情がダイレクトに伝わってきて、こちらも見ながら同じように感情が動く。冒頭から血なまぐさいシーンが出てくるし、カーアクションも激しいし、大変な迫力なのだが、カメラワークに一種の様式美のようなものがあり、以外に残虐な場面も嫌悪感を感じないのは希有なことだと思う。

主演3人はどの人も素晴らしかったが、強いていうならファン・ジョンミンがさすがだという気がした。3人の中で最もストーリー展開に重要な役目を果たすのがチョン・チョンなので、役柄自体が彼の演技を後押ししたという面もあるだろう。

ほとんど男の世界なのだが、わずかに登場する女優の使い方がうまいなと感じた。日本の映画だと、ともすれば男だけだと華がないのでというニュアンスの使われ方がなされるが、この作品では非常に自然にストーリーにからんでいて浮いていないと思えた。

(2014.1.20 韓国文化院ハンマダンホールにて)

映画公式サイト
posted by すいっち at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。