2014年02月24日

『17歳』

脚本・監督:フランソワ・オゾン
脚本:マーク・ヘイマン、アンドレス・ハインツ、ジョン・マクラフリン
出演:マリーヌ・ヴァクト、ジェラルディン・ペラス、フレデリック・ピエロ、シャーロット・ランプリング、ウィノナ・ライダー、ほか
原題:JEUNE & JOLIE
2013年フランス

オゾン監督の前作『危険なプロット』がたいへん面白かったので、今回も期待して観に行った。前評判も上々、ヒロインは「若くきれいな」という原題通りの魅力を持った女優さんだったが、全体的な感想としては、意外にあっさりしていたことに物足りなさを感じたというところか。

夏休みを海辺で過ごすイザベル(マリーヌ・ヴァクト)一家。水着姿で浜辺に寝そべるイザベルはまもなく17歳の高校生。遠くから双眼鏡でイザベル見つめる義弟のヴィクトル。ドイツ人の男の子と知り合ったイザベルは、母と義父との目を盗んで夜彼とのデートに出かけ初体験をするが、それを冷静な目で見つめるもうひとりの自分がいる。ドイツ人の彼とはそれっきり。秋になり、パリの高級ホテルに舞台が移る。部屋をノックするのはスーツに身を包んだ、20歳のソルボンヌの学生レア。しかしそれはイザベルが年齢名前を偽った姿だった。彼女はネットで相手を探し、不特定多数の男と関係を結んで金銭を得ていたのだ。つまりは娼婦。冬、互いに惹かれ合った年配のジョルジュと何回目かの逢瀬の際に、とんでもないことが起こる。

背中にあばら骨が浮き出るほど、まだ成熟手前の若い肉体を持つ17歳。だから執拗に繰り返される性愛シーンも、エロティシズムからはほど遠い。かといって、若すぎる女性が娼婦に身を堕としてゆくといった痛々しさは、これまた全く感じない。イザベルの行動がさらりとしすぎていて、何か引っかかりがないのだ。彼女をさらさら流れる水のように描くのは、監督の狙いだったのかも知れない。その代わり、彼女を取り巻く人々のほうはどの人もある程度の熱を持っているように見える。義弟の視線は興味深いが、これは時々あらわれるだけで、またすぐ別の視点に移って行ってしまうので、ちょっと散漫さを感じる。イザベルの母、義父、さらにはイザベルが関係を持つ男たちは非常にうまく描けていると思った。

よく言われるところの「自分探し」の時期を描いた映画なのだとすれば、それはありきたりすぎてつまらない。原題の"JEUNE & JOLIE"は、イザベルその人を形容したものというより、むしろ他者からのイザベルに対する視線に思える。大人たちから見れば、イザベルは絶対的な若さ・綺麗さとともに、相対的な若さ・綺麗さを持った存在だ。そこにはそれぞれが経験してきた時代・若かりし自分との邂逅があるのだと思う。義弟に代表される若い男から見れば、彼女は美そのものだろう。すなわちイザベルは実体を持った人というより象徴とも言える存在だ。

彼女がなぜ娼婦になったかについては、説明的な要素はないので想像の域を出ないが、純粋な意味でお金を貯めたかったからではないかと私は思った。肉体を売って金を稼ぐという意識は希薄で、労働に対して報酬をもらうという感覚に近いのではないだろうか。けれども、客のひとりに心を惹かれたたことから、少しずつ意識に変化が訪れ、彼女は現実感を身にまとうようになってくる。

キャストでよいと思ったのは、何と言っても義父役のフレデリック・ピエロだ。義娘に娘としての愛情を持ちながらも、若い女の子の感情の変化や行動を理解しきれずとまどう父親像をとてもうまく演じている。一見サエない中年オヤジなのだが、母親に再婚したいと思わせただけの魅力をたたえた男性に見えた。

エンディングのほうで、シャーロット・ランプリングが登場するが、そのシーンがどう考えても現実にはありえそうもない話だったので、最終的にはこの物語がお伽噺のようなものに私には思えてしまい、物足りない気がしたのはそこではないかと思った。

(2014.2.19 新宿ピカデリーにて)

映画公式サイト

以下ネタバレあり




イザベルがなぜお金を貯めたかったかについては、母親の元を離れる資金を貯めようとしていたのではないかと考えた。この年齢で、母親に反発を感じるのは自然なことだし、父と別れて再婚していながら、また別の男ともいわくがありそうな母親と、一緒に暮らしたくないと思っていたのだろう。フランスの子は大学生くらいになると、独り立ちするのが一般的だから、精神的に早熟なイザベルはそれを早めたかったのではないだろうか。

初老の男に心惹かれたのは、義父の存在がポイントだったような気がする。一瞬だったので見間違えの可能性もあるが、イザベルが義父に向けた意味ありげな視線に、義父がどぎまぎした表情を見せたシーンがあったように思う。単純に考えればエディプス・コンプレックスかなという印象だ。
posted by すいっち at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/389635872
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。