2014年03月29日

『WOOD JOB!〜神去なあなあ日常〜』試写会

監督・脚本:矢口史靖
原作:三浦しをん『神去なあなあ日常』(徳間書店刊)
出演:染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、優香、西田尚美、マキタスポーツ、有福正志、近藤芳正、光石研、柄本明、ほか
2014年

矢口監督作品は評価が高いのに、たまたま『ロボジー』しか観ていないので、原作が三浦しをんだし、今度は必ず観ようと試写会に応募し、昨日観て来た。前評判通り大変楽しい作品で、観てよかったと強く思った。原作は今に至るまで読んでいないが、変わった題名だなという第一印象で、映画がこのタイトルだけだったら意味も不明だし、傾向もよくわからないところだ。でも映画化に当たって「WOOD JOB!」(ウッジョブ)という本題がつけられ(完璧に映画のためだけに作られた言葉かどうかは知らないが)、これは秀逸なタイトルだと思った。もちろんGOOD JOB!のもじりであり、林業がテーマのストーリーと見事に合致している。

大学受験に失敗し、さりとて次年度を期して勉強する意欲もなく、ガールフレンドともうまく行かなくなり、バイトでも探そうかと無気力な生活を送っていた平野勇気(染谷将太)は、たまたま美女の写った林業研修プログラムのパンフレットに惹かれ、ローカル線を乗り継いで神去(かむさり)村へやってくる。そこは携帯の電波も届かず、野生の鹿や虫や蝮だらけで、出会う人は老婆たちばかりという超弩級の田舎だった。仕事は確かだが粗野な先輩のヨキ(伊藤英明)たちの厳しい指導に、何度も逃げ出して帰ろうと考える勇気だが、パンフレットの美女・直紀がこの村に住んでいると知って、それを心の慰めに村にとどまり、どうにかこうにか入門研修を終え、中村林業での1年間の実地研修が始まる。日々の新しい経験や、村人たちとの交流を通じて、勇気は徐々に変わってゆく。

とにかく、綿密な下地作り、発想の新鮮さ、味付けの細やかさで、1秒足りとも飽きることのない、無類に面白い映画だった。本格的な林業の作業風景、山と木々の威容、村の方言、風習、様々なものが一見カオスのごとく詰め込まれているが、その配し方が絶妙で、笑いへの持って行き方が自然で、非常に気持ちよく観ていられる。もちろんクライマックスの祭りの描写は圧巻でありながら、細かいエピソードはクライマックスに向けての序章という二次的なものではなく、それぞれが独自の輝きを持っている。

都会育ちの軟弱な若者が、田舎の自然や暮らしに触れて変わってゆくというストーリーは、それだけだったらどこにでもありそうな話でしかないが、この作品はそういう陳腐なわざとらしさがまったく感じられないのだ。これは、脚本が巧みであると同時に、林業の作業をすべて俳優陣が吹き替えを使わずにやっていることや、クライマックスの迫力のシーンにCGがほとんど使われていないこと、つまりは徹底した本物志向が大きく影響していることと思う。笑えるシーンも過剰な仕立て上げ方ではなく、登場人物たちがふと見せる行動が、部外者にとっては新鮮で可笑しく見えるといった、ちょっと感性をくすぐられるとでも言えそうな自然発生的な可笑しさなのだ。

キャスティングが見事。主演の染谷の実力はすでに多くの作品で実証済みだが、これまでの鬱屈したような若者とはうってかわってお気楽な男の子をうまく演じている。驚いたのは伊藤英明だ。『海猿』のイメージが強く、何となく一本調子な印象のある彼だが、今回のヨキ役は素晴らしかった。武骨でありながら愛嬌もある山の男がぴったり。特に木を伐採するときの身のこなしなど、堂に入ったものだ。ふんどし姿もとりわけ格好いい。彼らを取り巻く様々な人たちも、実力派俳優を揃えただけあって、実によい味を出している。

映像は、とくに冬から春へ季節が移り変わる山里の様子をあらわしたシーンが素晴らしかった。これは誰にでも心から勧めたい1本だ。エンドロールが終わったあとにも洒落た仕掛けが待っているので、席を立たないことも併せてお勧めする。

(2014.3.28 よみうりホールにて)

映画公式サイト
posted by すいっち at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。