2014年08月24日

『るろうに剣心 京都大火編』

監督・脚本:大友啓史
脚本:藤井清美
原作:和月伸宏「るろうに献身 - 明治剣客浪漫譚-」(集英社 週刊少年ジャンプ)
出演:佐藤健、武井咲、青木崇高、蒼井優、大八木凱斗、江口洋介、伊勢谷友介、土屋太凰、田中泯、宮沢和史、小澤征悦、藤原竜也、神木隆之介、滝藤賢一、三浦涼介、丸山智己、高橋メアリージュン、ほか
2014年

前作を凌ぐ迫力と評判が高いので、観に行って来た。印象は前作と変わらないが、個人的には前作のほうが好みだ。今回は、剣心(佐藤健)の敵として3人がクローズアップされる。抜刀斎(剣心の前身)の後継者として明治維新まで人斬りを務めた志々雄真実(ししお まこと=藤原竜也)、志々雄が率いる強力部隊「十本刀」のトップである瀬田宗次郎(神木隆之介)、そしてお庭番の元頭領である四乃森蒼紫(しのもり あおし=伊勢谷友介)だ。この3人を前面に押し出すあまり、剣心の影が薄くなってしまった印象があるのだ。完結編である「伝説の最期編」を控えているので、とりあえずこの「京都大火編」では、敵の強さを印象づけておこうということなのだろう。事実、「京都大火編」では、3人の敵は誰も死なないし、何かが大きく動いたというストーリー展開ではない。

コミックが原作だし、時代が時代だけに、服装が様々なのはもちろんわかるが、さすがにあまり現代的すぎるビジュアルだとシラけてしまうのも確かだ。気になったのは、十本刀のひとり沢下条張(さわげじょう ちょう=三浦涼介)。出で立ちと物腰暴走族、ヘアスタイルに至っては金髪を逆立て、まるで往年のX JAPAN。これはちょっと迫力というより滑稽さが先に立ってしまって、ストーリーに集中できない。剣心、相楽佐之助(青木崇高)、神谷薫(武井咲)、高荷恵(蒼井優)らがいつもながらの服装なので、それとの差別化ということだろうが、どうも衣装ばかり気になって仕方がない。

藤原竜也という俳優は、あの童顔がどうもピンと来ないのだが、今回はまったく顔が見えない役どころだったので、失礼ながらとても良かった。さすが舞台で鍛えた発声は、童顔を忘れさせるに十分迫力があり、抜きんでているなと思えた。

一番見どころだと思ったのは、田中泯演じる元お庭番・柏崎念至と四乃森蒼紫との戦いだ。田中の踊りで鍛えた身体と美しい身のこなしは、別格で、本当なら柏崎のほうが勝つだろうにと思えるほどだった。やはり、戦いのアクションが最大のポイントとなるこの映画。ストーリーや設定をどうのこうの言っても始まらないわけで、アクションだけを楽しむのなら、十分のエンターテインメント性を備えているけれども、やっぱりそれだけではつまらないなと思えてきた。「伝説の最期編」では、再び剣心に光が当たるだろうか。

(2014.8.13 ユナイテッド・シネマとしまえん にて)

映画公式サイト
posted by すいっち at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/404257659
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。