2014年12月28日

『百円の恋』

監督:武正晴
脚本:足立紳(「第一回松田優作賞」グランプリ受賞作)
出演:安藤サクラ、新井浩文、根岸季衣、稲川実代子、早織、宇野祥平、坂田聡、沖田裕樹、吉村界人、松浦慎一郎、伊藤洋三郎、重松収、ほか
2014年

仕事納めの翌日、疲れ切っていたものの、このところの忙しさでまったく映画館に足を運べなかったので、とにかく何か観に行きたいと思い、安藤サクラが素晴らしいと評判のこの作品を観に行って来た。疲れたまま観に行くと、情けないことに、最近ときどきウトウトしてしまうこともあるのだが、この作品は一瞬たりとも眠くならず、最後まで緊張感が続き、たいへん面白かった。

一子(安藤サクラ)は32歳。フリーターですらなく、家業を手伝うでもなく、親に寄生しているかのような暮らしぶり。離婚した妹の二三子(早織)が子連れで実家に帰ってきたが、家業をしっかり手伝う二三子とぐうたらな一子はことごとくぶつかり、ついに大喧嘩の末、一子は家を飛び出し一人暮らしを始める。百円ショップの店員というアルバイトの口を見つけた一子は、そこで深夜シフトで働き出すが、神経質すぎる店長や、古株でお喋りの男や、廃棄弁当を狙ってくる得体の知れない女など、そこで様々な人間模様を見ることになる。

帰り道の途中にあるボクシングジムで、一心不乱に練習をするボクサー・狩野(新井浩文)に、一子は心惹かれてゆく。その狩野がある日、一子の店にバナナを買いに来る。それが縁で二人は接近し、成り行きで一緒に暮らし始めるが、狩野は間もなく他の女に走ってしまう。ボクシングに魅せられた一子は、狩野の辞めたジムに通い、猛然たる迫力で練習に励むようになる。そしてこれまで自分に価値を見いだせなかった一子は、心身共に変わってゆく。

安藤サクラはまさに見物である。自堕落な日々を送る前半では、その暮らしぶりがそのまま体型にも反映し、だらしなくついた贅肉、だるそうな身のこなし、目を背けたくなるような女性だ。それがボクシングに打ち込むようになると、贅肉はそぎ落とされて、筋肉質の体になり、身のこなしも軽くなり、何より目に光が宿る。どれだけトレーニングを積んだのだろうと信じられないほどのスピード感溢れる見事な打ち方には、ただただ感心するばかり。

安藤に負けず劣らず新井浩文も、すっかりボクサーになり切った体型で、見る者を唸らせてくれた。この作品に関しては、安藤と新井がこれ以上望めない素晴らしいキャスティングだったと思う。二人の奇妙な出会いと奇妙な関係、そして奇妙ではないエンディングへと推移する脚本は、ボクシング・シーンと巧みな二重構造になっていて、飽きさせない。台詞もウィットに富んでおり、笑えるところもたくさんある。

助演俳優さんたちも、とてもよかった。主演二人以外のキャストを知らないまま観た私は、二三子を演じている女優さんは長澤まさみにそっくりだけれど、誰だろう?と思っていた。あとで名前を確認しても、早織という名前に記憶がない。そこでWikipediaなどを調べてみると、なんと「帰ってきた時効警察」で真加出を演じた小出早織だったのだ。これには本当に驚いた。そうわかってみても、まったく同一人物とは思えない。時効のときは、垢抜けない女の子という印象だったが、おそらくずいぶんスリムになり、目も大きくなったような気がする。そして演技も、常にイライラして一子に当たり散らす妹を、こちらも迫力満点で演じていた。

松浦慎一郎演じるトレーナー役と一子もなかなか良いコンビだったし、スパーリングや試合のシーンが作り物めいておらず、迫力満点だったことが、映画の質をぐんと上げていたことも確かだろう。

全体的な印象としては、底辺に近い人々を描きながらも、じっとりしておらず、むしろ爽快感があり、日本映画としては珍しいニュアンスを持った作品に思えた。強いて言えば、イーストウッド監督作品のような風味の感じられる映画だったと思う。

(2014.12.27 テアトル新宿にて)

映画公式サイト
posted by すいっち at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画鑑賞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411425364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。