2009年07月02日

西川美和さん 直木賞候補に!

Oriconのニュースを見てびっくり。西川美和さんの『きのうの神さま』が第141回直木賞の候補作品になったのだ。小説『ゆれる』が三島由紀夫賞候補になるなど、筆力はすでに高く評価されている西川さんだから、当然といえば当然かも知れない。でも『きのうの神さま』を私が読んだ限りでは、これ直木賞かなあ…むしろ芥川賞では?と思うのだけれど。まあ、それはどちらでもよいし、候補に選ばれたということ自体が素晴らしい。ついつい応援したくなる。
きのうの神さま

きのうの神さま

  • 作者: 西川 美和
  • 出版社/メーカー: ポプラ社
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 単行本



posted by すいっち at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

ケラさん、おめでとう!

いつも拝見しているブログにお邪魔したら、なんと、なんと、なんとっ!ケラさんことケラリーノ・サンドロヴィッチさんが、緒川たまきさんと結婚なさったというではないか!

ケラさん、本当におめでとうございます!!!(ここだけ、ですます調にしておこう)

緒川たまきさん…西川監督の『夢十夜』での美しい足首が今でも目に浮かぶ。まったく接点を感じなかったお二人だが、そうか舞台でずっとご一緒だったのか。

末永くお幸せに!お二人ともますますご活躍ください。
posted by すいっち at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

助演が光るお二人

助演の俳優さんが最近注目されている(という印象を私は持っている)が、たくさんの作品になくてはならない存在のお二人が、昨日たまたま異なるメディアに登場した。

まず、TBSの「2時っチャオ」のゲストが大杉漣さんだった。主な受賞歴が紹介され、『HANA-BI』で助演男優賞を6つも獲得していることを再確認。司会の恵俊彰さんが、助演は主演よりしぶくていいと水を向けると、大杉さん曰く、「主演はどっちかというと本妻、助演はどっちかというと愛人。抱かれたいなという部分と、抱きたいなという部分がうまく合致する。そういう監督との関係」だそうだ。言い得て妙だなと頷く。先日の早稲田祭で、大杉さんのライブがあることを知ったが、ボブ・ディランに憧れて音楽を始めたという。あくまでも音楽は趣味なので、何でも1人でやることにしているそうだ。ライブ映像がDVDになっていることを初めて知った。『FURIDASHI LIVE

次に、昨日12月10日付朝日新聞夕刊を見て、ぶっとんでしまった!「男の夢ファッション」のコーナーに笹野高史さん登場。それが、黄色のポルシェを前に、Tシャツ、革ジャン、ジーンズ姿で、見事にかっこいい。この写真は一見の価値あり!最近は割りに大胆なものを着るようにしていると言う。黄色のポルシェはご自分の愛車で、シルバーを買うつもりでいたら、『武士の一分』で共演した木村拓哉さんに、「年取ったら派手なのに乗らなきゃ」と言われて、思い切って買ったのだそうだ。派手な格好をしているのを周囲の人が見て、「この人、ハデ。ばかじゃないの」なんて思って、その人の気持ちがパッと明るくなるのが見える。それが面白いと説明している。俳優としてのスタンスも、これに通じるものがあり、人の意表をつくのが好き、時代から半歩くらいずれているような俳優でありたいと締めくくっている。

大杉さん、1951年生まれ。笹野さん、1948年生まれ。それぞれ、この人にしか出来ない役柄というものがある。これからも大いに幅のある演技を見せていただきたい。
posted by すいっち at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

消臭プラグの今井朋彦さん

新ドラマ「ガリレオ」を見ていて、一番印象に残ったのは、なんとCM(笑)おなじみの殿を演じる今井朋彦さん、すごい!オダギリのist8変化も真っ青な11変化で、マルチぶりを発揮してくれている。とくに、ダンスが一瞬だけれど、とっても上手なのにびっくり。手のポーズなんて、すっかり堂に入っているんだもの。と思って、ちょっと調べてみたら、ダンスは特技のひとつらしい。現在放送中の大河ドラマ「風林火山」でも、癖のある人物を演じていらしたが、このCMで好感度がアップしているのだろうなあ。

CMはこちらで順に見られるようだ。
posted by すいっち at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

ケラさんの日記

ケラリーノ・サンドロヴィッチさんのブログを愛読しているが、今日のエントリーに書かれていた一文にすっかり深く頷いてしまった。曰く…

「仮」なんてことはありゃしないのである。

リハーサルはない。
人生、何から何まで本番だ。


本当にそうだよなあ。何から何まで本番なのだから、1分1秒たりとも疎かにすべきではないのだ。そう思いながらも、ついつい怠惰な時間を過ごしてしまうのも、人間だからこそなのだろう。まあ、「現し身」は、「仮」の姿だという考え方もあるけれど、何から何まで「仮」なのだとしたら、「生」っていったい何?という根源的な問いにぶつかってしまうから、凡人は適当なところでお茶を濁しつつ生きるしかない(笑)
posted by すいっち at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

久しぶりに西川美和監督

『夢十夜』のDVDが発売になったのを機に、久しぶりに西川監督のインタビュー記事がCinemacafe.netに出た。なんだかますますお美しくなられたような(^^*)
この映画は今年1月に観たが、西川監督による第九夜はとてもよかった。インタビューにある、漱石の「文体のすがすがしさとか、みずみずしさというのを損なわないような画の撮り方としたい」と思った、という言葉どおり、品のある、しかもみずみずしい作品になっていたと思う。緒川さんの美しい足先の表情が一番印象に残っている。
posted by すいっち at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月09日

ニコンのサイトに小出早織さんのインタビュー

『時効警察』関連の俳優さんたちは、どうしても気になってしまうのだが、ニコンのサイトに真加出こと小出早織さんのインタビューが4ページにわたって載っていた。真加出とはまったく異なり、しっとりとしたお嬢さんという雰囲気だ。時効のことは語っていないけれども、真面目な話し方に好感の持てる人だ。『舞妓Haaaan!』でもとても良かったし、やっぱり注目したい人のひとり。

Enjoyニコン talk! talk! talk!
posted by すいっち at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる人 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。